脱毛が1回で終わらない理由

どうして脱毛って1回じゃ終わらないの?毛の成長サイクルの中で、脱毛効果のある段階が決まっているからです。今、目に見えている毛がすべての毛穴から生えてきているというわけではありません。体毛には「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあり、「休止期」→「成長期」→「退行期」そしてまた休止期に戻る、といったサイクルを繰り返しています。具体的には、「休止期」…毛が表皮に出て来ていない状態。当然、自己処理も不可。「成長期」…毛母細胞が分裂を繰り返し、毛穴の下で毛が成長しやがて体表にでてくる。

 

体表にでてくれば自己処理が可能「退行期」…毛母細胞の分裂がとまり、毛穴の上の方に毛が押し出されて来る。毛抜きで比較的簡単に抜ける。放っておいてもやがて抜け落ちる。 となっており、同じ部位でも毛によってその段階はバラバラです。

 

どうして脱毛って1回で終わらないの?そしてほとんどの脱毛サロン(レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛)で永久脱毛効果があるのは成長期の毛であるため、脱毛した時に「休止期」、「退行期」だった毛穴は、しばらくするとまた新しい毛が生えて来てしまうのです。そのため、全ての毛穴の毛を脱毛するにはサロンに何度も通わなくてはいけなくなります。
「毛周期」のサイクルは体の部位によって決まっています。例えば、頭髪は体の中で一番毛周期が長く、4年から6年と言われています(女性の場合)。また、頭髪成長期の毛は全体の80~90%となっており、この理論でいくと髪の毛を1回脱毛すると、80~90%永久脱毛してしまうということです。

 

それに比べて、ワキ毛の毛周期は2,3ヶ月と言われており、成長期の毛は全体の20~30%となっています。アンダーヘアもこの周期に似ています。顔の毛はさらに短くなっているため、例えば顔の毛とワキの毛を両方同時に脱毛したとしても顔の毛の方が先に生えてきます。
そのため、脱毛をする際にはその毛周期に合わせて脱毛することが大切です。ワキの毛ですと、2,3ヶ月に1度のペースを5,6回繰り返せば脱毛できるだろう、ということになります。※実際、毛抜き等で普段自己処理をしていると、毛周期のサイクルが来るってこのように行かない場合があります。

脱毛が1回で終わらない理由