ワキ脱毛すれば一緒にワキガ治療も出来るのはウソ

食生活の欧米化によって日本でもワキガに悩む女性が増加しています。どんなに手入れしても、臭いがなかなか取れずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?実は、ワキガはワキの脱毛によって軽減されるのをご存知でしょうか?ワキガの原因を掘り下げてみるとワキ脱毛で臭いを防ぐ効果がある事が分かってくると思います。

 

それではまず、ワキガの原因について見ていきましょう。ワキから分泌される汗には大きく3種類あります。エクリン腺からの汗とアポクリン腺からの汗と皮脂腺からの脂肪です。エクリン腺は別の名を小汗腺と言い、皮膚の表面に分布しています。
体全体に大量に存在していて、透明で臭いのない99%水分で出来た汗を分泌します。これは体温調整に主に使われている汗なのでワキガの原因にはなりません。問題なのがアポクリン腺です。こちらは大汗腺とも呼ばれており、脂肪酸などを含んだ汗を分泌します。ワキやデリケートゾーンなどの毛穴に分布しているワキガの原因になるものです。ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!タンパク質や脂肪分の多い食事をしているとアポクリン腺から分泌される汗にも大量の脂肪酸が含まれてしまい、これが皮膚の汚れと結合すると細菌やカビが繁殖してしまうのです。これらの細菌やカビの働きで臭いがさらにきつくなってしまいます。

 

実はワキ毛はアポクリン腺の汗や細菌・カビをワキに留めてしまう働きがあるのです。ワキに溜まった汗や細菌はさらに臭いを悪化させてしまうのです。そこで、ワキ毛を脱毛すると毛穴が塞がり、アポクリン腺も減少します。また、汚れや細菌、汗がワキに溜まりにくくなるので臭いの悪化を防ぐ事ができるのです。ここで注意して欲しいのが、ワキ脱毛はワキガ自体を根本的に治すのではないということです。
ですので、完全に臭いが消えるかと言えばそうではありません。しかし、脱毛することで臭いの悪化は防ぐ事ができるので試してみる価値は大いにあると思います。食生活を見直し、ワキ脱毛をすることで効果的にワキガを予防することができるでしょう。

ワキ脱毛すれば一緒にワキガ治療も出来るのはウソ