肌の黒ずみは脱毛すると高まる?

ワキやデリケートゾーンは黒ずみやすくなりますよね。実際に黒ずみで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。脱毛をする際、黒ずみがある部分を脱毛すると毛がなくなる分黒ずみが目立つのではないかと思っていませんか?実はそれは大きな誤解なんです。実際は全く逆です。

 

レーザーや光脱毛をすることによって脱毛部位の黒ずみは薄くなり、肌がキレイになります。では、なぜそうなるのでしょうか?黒ずみが出来る原因にスポットを当ててご説明していきますね。黒ずみの正体をご存知ですか?それはメラニン色素が肌を守っている状態なんです。実はワキやデリケートゾーンの肌は非常に薄く敏感に出来ています。
なのでとても摩擦や刺激に弱いのです。カミソリや毛抜きを使ってこれらの部位を自己処理するとその刺激で肌はメラニン色素を大量に放出し、肌が黒ずんでしまいます。脱毛すると肌の黒ずみが目立つ?また、刺激により毛穴が刺激されて新たな毛が生えてくるという悪循環にもなります。
という事は、裏返してみると摩擦や刺激を最小限に抑える事で肌の黒ずみも抑えられるのです。そこで効果があるのがレーザーや光脱毛なのです。これらの脱毛は肌に物理的な刺激を与えないので、脱毛によって黒ずみが悪化することはありません。

 

また、自己処理をする必要がなくなるので、黒ずみの原因は取り除けます。後は肌がターンオーバーしていくので次第に元の黒ずみがないキレイな肌を取り戻せるのです。また、光脱毛では、しみを除去する際に用いられる光線と同じ美白効果のある光を照射します。ですので、脱毛をすること自体にも黒ずみを薄くする効果があるのです。サロンによっては、ホワイトニングジェルを塗って施術するところもあるので、念を押したい方は事前にリサーチしてみてください。

 

以上、脱毛をすることで黒ずみは目立つどころかキレイになることがご理解いただけましたか?黒ずみで悩んでいる方は自己処理は厳禁です。是非サロンで施術を受けてみてください。次第にキレイな肌が取り戻せますよ。

肌の黒ずみは脱毛すると高まる?