脱毛効果は脱毛機の種類が原因だった!?

あなたは脱毛と聞くとどのような方法を思い浮かべますか?脱毛にはどのような種類があるのかご存知でしょうか?サロンや医療機関での脱毛方法には大きく3つの方法があります。

 

ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛です。脱毛の種類が変わるとその効果も変わってきます。今回は上記の脱毛方法の特徴と効果についてご説明いたします。まず、ニードル脱毛ですが、こちらは古くからある脱毛方法です。細い針を毛穴一つ一つに差し込み、電気や高周波で直接毛根の細胞を破壊します。針を差し込むため、痛みはかなり強いです。

 

しかし、脱毛効果は抜群で今回ご紹介する脱毛の種類の中では一番効果があります。確実な永久脱毛ができる方法なのです。また、色素の薄い産毛や目元、色素の黒い肌にも施術できるのが特徴です。脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?次に光脱毛です。
多くのサロンではこの脱毛方法で施術をおこなっています。光脱毛はレーザーよりも長い波長の光を脱毛部位に照射し、毛根にダメージを与える事で脱毛します。痛みは少なく、安い価格で脱毛できますが、照射する光のエネルギーが弱いため脱毛の効果は低めと言えます。

 

ムダ毛は目立たなくなりますが、永久的な脱毛には向いていません。また、黒色素を識別して脱毛するため日焼けした肌には施術できません。最後にレーザー脱毛についてお話します。こちらは医療機関でないと出来ない脱毛方法です。前述の光脱毛よりも高いエネルギーを持ったレーザーを照射する事で熱で毛根を破壊します。短時間で広範囲の脱毛が可能で効果が出るのが早く、永久的な脱毛効果があります。一方で特殊なレーザーを使うため、脱毛にかかる価格が高く、痛みがあるのがネックとなっています。

 

また、こちらも黒色素に反応するため日焼けした肌には施術できません。いかがでしたか?脱毛の種類が変われば、効果も変わり、価格や痛みにも影響してきます。効果をとるか価格をとるか痛みを優先して考えるかはあなた次第です。是非自分のニーズにあった脱毛方法を選んでくださいね。

脱毛効果は脱毛機の種類が原因だった!?