日焼けすると脱毛を断られるのは本当?

脱毛前にうっかり日焼けをしてしまったあなた。日焼けをした肌で脱毛をしていいのか。日焼けしてても効果はあるのか。悩んでいませんか?実はそのあなたの不安は的中しているんですよ。通常のサロンや自己処理における脱毛にとって日焼けは一番の敵なのです。サロンでは日焼けした肌への施術を断るお店がほとんどです。これには2つの理由があります。

 

日焼けをした肌は乾燥や紫外線によりダメージを受けた状態になっています。この敏感な肌の状態で脱毛をしてしまうと炎症などのトラブルが発生してしまいます。また、黒ずみなどの原因にもなってしまうのです。キレイになるために脱毛をするのに、肌が汚くなっては意味がないですよね。

 

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?もう一つの理由は、日焼けした肌ではレーザーや光による脱毛効果が低くなってしまうという点です。通常のサロンや医療機関で行われている脱毛はレーザーが黒色の色素を識別して行われます。日焼けによって肌が黒くなると、毛以外の肌組織にレーザーや光が照射され、火傷をしてしまう危険があります。
ですので、例え施術を行ったとしても出力の弱いレーザーしか当てられず、脱毛効果があまり得られないのです。脱毛を考えている時は肌の露出を避け、徹底した紫外線予防をしてください。脱毛には日焼けは厳禁だと頭にすり込みましょう。

 

しかし、日焼けしてしまったけれどどうしても脱毛したいという方には、特殊なレーザーによる施術方法もあります。ハイパースキン法と呼ばれる脱毛方法です。こちらは黒の色素を識別するのではなく、休止期の毛根の成長を止めるという今注目されている方法です。

 

日焼けした肌でも行う事ができ、痛みがゼロと言われるほどの無痛の脱毛方法なので、日焼けしてしまった方や黒ずみが気になる場所の脱毛におすすめです。また、かなりの痛みは伴いますが、ニードル方法という針を一本一本毛穴に刺していくという脱毛方法でも黒い肌に施術できるのでご紹介しておきます。

日焼けすると脱毛を断られるのは本当?