妊娠中って脱毛しても良いの?

結婚していたり交際相手がいる場合、妊娠に気が付かないで脱毛をしていたなんて事もありますよね。その場合、脱毛で胎児に影響がでていないかとっても不安になると思います。でも、心配する必要はないですよ。脱毛の際の光やレーザーが子宮や胎児に悪影響を及ぼすことはないと言われているので安心してください。では、このまま脱毛を続けていいのかと聞かれると答えはNoです。子宮や胎児に影響がないのにどうしてダメなの?と不思議ですか?ダメな理由は2つあります。まず、脱毛をする際、少なからず痛みを伴いますよね。

 

妊娠中の母体は非常にデリケートです。レーザーによる刺激で陣痛が始まってしまったり、痛みがストレスになって体調が悪くなる可能性があります。また、施術は通常ベッドに横になって行われますよね。お腹が大きい状態で長時間同じ体勢をとることは母体に負担をかけてしまいます。妊娠中って脱毛しても良いの?不安定な妊娠初期だけではなく、比較的安定した妊娠中期であっても、妊婦の体調はいつ急変するか予測できません。

 

万が一施術中に体調が悪化してもサロンでは対処できないのです。これらの不安要素を抱えてまで脱毛をするのは得策ではないですよね。また、妊娠中はホルモンバランスが非常に不安定です。毛周期はホルモンに影響を受けるので、例え妊娠中に脱毛をしたとしても通常通りの効果は期待できません。脱毛したはずの場所から毛が生えてくることも十分にあり得るのです。

 

以上、効果も低い上に、母体に負担がかかる妊娠中の脱毛はデメリットはあってもメリットは一つもありません。サロンでも妊娠中の脱毛は断られるのが一般的です。
妊娠中は施術してもらえないので、妊娠する可能性がある方は妊娠による休会や延長のサービスがあるかどうかをリサーチしておくといいでしょう。または、コース制ではなく1回払いの単発脱毛や無期限の回数制にすると妊娠しても損をすることはないですよね。
ぜひ自分の状況にあった選び方をしてくださいね。

妊娠中って脱毛しても良いの?