1回で脱毛を終わらせたい!出来ないの?

サロンでレーザー照射してもらっても脱毛は1回では終わらないのをご存知ですか?見えている毛が全て無くなるので不思議ですよね。このからくりには毛周期という毛の特性が関係しています。髪の毛が伸びて、抜けて、また生え変わるのはご存知ですよね。実はワキや手足のムダ毛も髪の毛と同じように伸びて抜けて生え変わるを繰り返しています。

 

この一連の流れを毛周期と呼びます。毛周期には成長期、退行期、休止期があります。成長期は毛根が活発に働いて毛が伸びている時期です。毛はある程度まで伸びると成長が止まります。この時期が退行期です。退行期から休止期に入ると毛が抜けて毛根がしばらくお休みします。お休みを取って元気になった毛根はまた細胞分裂を行って成長期に入っていきます。

 

この一連の毛周期はだいたい2から3ヶ月のサイクルで繰り返されています。しかも、全ての毛が同じサイクルではなく、毛は全てばらばらに毛周期を繰り返しています。だから常に毛が生えているんです。どうして脱毛って1回で終わらないの?では、この毛周期がなぜ脱毛と関係あるのでしょうか?答えは一般のレーザー脱毛は成長期の毛にしか効かないという事と、実は見えている毛は全体の2から3割にしかならないという点から説明出来ます。まず、レーザー脱毛ですがその原理を簡単に説明しますね。脱毛をする際、レーザーは黒色の色素を識別して発射されます。

 

レーザーによって毛についた毛根を焼き殺す事で、その毛穴から毛が生えてこないようになります。しかし、なんと毛に毛根が付いた状態なのは成長期だけなのです。退行期の毛はすでに毛根から離れているため、毛はレーザーで無くなっても毛根が生きているのでその毛穴からはまた毛が生えてきてしまいます。また、このように見えている成長期の毛は実は全体の2から3割にしかなりません。

 

後は毛根から抜けている退行期か毛自体がない休止期なのです。これでなぜ脱毛が1回で終わらないのかわかりましたよね。脱毛を完了するのには全ての毛を成長期の時に脱毛する必要があるのです。

 

全体の2から3割のみが成長期という事は少なくとも4,5回間をあけて脱毛を行わないとダメだと言うことです。ですが、すぐに脱毛が終わらないと落胆する必要はありませんよ。1回脱毛する毎に確実に成長期の毛が無くなっていくので、ムダ毛自体はどんどん少なくなっていきます。
ですので、焦らず余裕を持って脱毛していきましょう。

1回で脱毛を終わらせたい!出来ないの?