ワキ脱毛でワキガ臭は治せるのか?

結論から言いますと「本当ではありません」です。脱毛とワキガには直接の関係はありません。

 

ワキガというのは、アポクリン汗腺という場所から分泌された汗が空気や雑菌に触れることで特有の臭いを発するようになることをいいます。アポクリン汗腺の汗の成分は脂肪やアンモニア、尿素や鉄分などですが、出て来てすぐは無臭なのです。

 

ワキガでない人でも汗に雑菌が触れて繁殖することで汗臭さは強くなるものですので、清潔を心がけるのは大事です。毛穴に垢や皮脂が溜まって酸化したせいでワキが臭っているのをワキガと勘違いしている方も居ますが、その場合は毛穴に詰まったものを取り除けば臭いは解消されます。

 

確かに清潔を保つという点で言いますと、毛が生えている状態よりも脱毛をして無毛になることでワキに菌が繁殖しにくい状態を作ることは出来ます。清潔に保つことが出来れば臭いの元になる原因が無いので汗臭さなどはなくなります。それが結果的に臭いの「軽減」になり得る可能性はありますが、ワキガが治るということではありません。ワキガはあくまでもアポクリン腺が原因なので、ワキガをどうにかしたい場合は手術でアポクリン腺を除去するしかありません。ですので、ワキガの臭い軽減を期待してワキ脱毛をするのはワキガ重視の方には少し遠回りな道かもしれません。

 

人によっては「脱毛をして治った」と言う方もいらっしゃるので一概に「絶対100%ウソです!」とはいい切れません。レーザーや光脱毛などの光を照射することで毛根の細胞と同様にアポクリン腺も破壊される可能性も100%無いとは言い切れないので、「確実には治らないかもしれないけれど、ワキの脱毛のついでに運が良ければワキガも軽減出来るといいな」というくらいの気持ちでチャレンジしてみるならば、試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

ただ、ワキガを本格的に治療したい場合は形成外科、美容外科、皮膚科のいずれかを、ワキガのチェックをしたい場合は皮膚科を受診されることをオススメします。

ワキ脱毛でワキガ臭は治せるのか?