女性は脱毛サロンに通うは当たり前のような社会。しかし。。。

あまりにも知名度が無い店舗・値段が安すぎる店は信用ができませんが、最近全身脱毛が月々で一万円以下とか安い店舗が増えてきたと思います。

 

脱毛サロンの広告も電車内やCMで目にする機会は多くなりました。月々の価格が安いので学生も通いやすい価格設定だと思いますが、脱毛して綺麗な肌になるのはわかりますが、強い光を肌に当てて30年後、50年後皮膚疾患、癌などに罹患しないかという心配もあります。そこまでの実験結果は今のところ存在しないですので、懸念しております。

 

また、毛がなくなっても妊娠・出産を機にホルモンのバランスが変わり、また毛が生えてくるとも言われておりますし。また、日本人男性は女性の無駄毛に対して厳しい目を持っていると思います。私は、欧米男性と付き合っており、デートの際に無駄毛処理をして会った際に脚とか腕に毛ないの!?と、すごいびっくりされました。

 

あちらではVIOの手入れはされているようですが、腕・脚はナチュラルな方が多いようで。日本人女性もそこまで脱毛に一所懸命にならなくてもいいのに。といのが最近思っていることでございます。大手にない独特の良い雰囲気がある(中堅以下のお店)脱毛サロンの名称や店舗のロゴは、とてもかわいくなったのではないでしょうか。

 

ネイルサロンみたいな雰囲気で脱毛を意識させないため、入りやすく感じます。たいてい駅の近くにあるので、時間がないときや、ほかの用事も済ませたいときなどはとても利用しやすくで良いです。
ただ、駅の近くは古い商業施設が多いですね。サロンもそういうところに入っていることが多く、・共用部分の廊下が狭くてエアコンがあまり効いていない・サロンの内装はきれいでも、天井の低さなど古さを感じる・ほかのお店が休みのときは、なんだかフロアの雰囲気が暗い・スペースが充分とれないのか、サロンの受付が狭いということがあり、ためらってしまうこともあります。

 

超大手の総合的な美容エステ店だとそういうことは少ないです。
ただ、小さい店舗独特の良さはあり、・脱毛サロンっぽくないエクステリアとインテリアが好印象・お店の中は清潔で、良い意味で空気がゆるい感じ・スタッフひとりひとりと長く向き合うことが多いため、親近感や安心感を感じるなどのメリットがあります。肌を見せるので、リラックスできるようなお店の雰囲気では、小さい方に私は軍配を上げます。

女性は脱毛サロンに通うは当たり前のような社会。しかし。。。