勧誘が多く、女性をターゲットにして儲けている。

始めは数百円とポスター等でうたっており、誰もがそんなに安くて肌が綺麗になれるなら、とくいつくでしょう。

 

しかし、いざ契約をしてみるとツルツルになるには3年から5年は必要であり、そんだけの期間があればいくらでも勧誘されてしまう時間がある。

 

日本人の商売の中で、女子高生や女子大生をターゲットにすれば永遠と生き続けられるのがこう言った”美”を追求する商売であるのではないだろうか。一か所が綺麗になってくれば、その境目が気になり、こんなに綺麗になるのであれば…とどんどん追加して行く人が多い。一種の中毒ではないだろうか。脇からスタートし脚や腕は気になりませんか?と言葉巧みに勧誘をしてくる。

 

”美”には終わりが無い為、女性は本当にいい鴨にされてします。他の子があの部位もやってるから羨ましく私も!と知人に影響されるのも女性特有の考え方ではないだろうか。だから友達紹介キャンペーン等と言う客を宣伝材料のように使うサロンも増えてきている。金額が高いイメージ。

 

電車広告等や、ネット広告でキャンペーンを見るが、それでもトータルでみるとまだまだ脱毛は高価なイメージである。腕というパーツを見ても、指、手の甲、ひじ下、ひじ上など細かくパーツ分けがされており、パーツごとに金額が加算されていくことを考えるととても高い。全身脱毛のプランが多く出回っているが、一番お手頃な価格を出しているのは6回コースのものが多く感じる。

 

しかし、実際脱毛を進めると、6回では足りない場合が多い。そのため、追加でコースを選択しなければならず、やはり高いと感じてしまう。毛量は個人差があるため、何回で脱毛が完了するか、またはどの程度の毛量になるのかが一概にはいえないため、回数を選択するのが難しいというのもある。お金にある程度余裕のある人が、制限なしの全身脱毛コースを選択するのが一番安いのではにないか、と考える。

 

最近では女性だけでなく男性も脱毛をする人が増えてきた。そのような市場が拡大していく中で、料金面で多くの人が気軽に通えるようなサロンがあればよいのではないかと思う。

勧誘が多く、女性をターゲットにして儲けている。