脱毛機の種類で効果が違う?そんなことってあるの?

サロンを選ぶ際に、脱毛方法を見ると思いますが、正直なところ色々な脱毛方があって、どれがいいのか、どの方法を選べばいいのか悩んでしまいませんか?どれも同じように「綺麗に脱毛します」と書いていますが、本当の所は違いはあるのでしょうか?また、違いがないのならどうしてこれほど沢山の脱毛方法があるのでしょうか。脱毛サロンで行われている脱毛方法ですが、大抵のサロンは「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」のいずれかになるかと思います。

 

ごくまれに、家庭でも出来る「ワックス脱毛」を取り扱うお店もありますが、ここでは省略致します。まず、「レーザー脱毛」ですが、この方法は医療行為に当たるため、皮膚科や美容外科などで医師が施術を行います。脱毛サロンでも行うお店もありますが、その場合でも、施術を行うのは医師のみとなります。そのため、レーザー脱毛は別名「医療脱毛」とも呼ばれています。レーザー脱毛は、皮膚表面にメラニン色素に反応するレーザーを投射し、熱によって毛根にある細胞を破壊することで永久脱毛を行います。

 

毛根を破壊するため、永久脱毛効果が期待できるのですが、メラニン色素に反応させるため、白髪や産毛には効果が薄くなります。また、レーザーの熱により、施術時に火傷のような痛みを感じたり、火傷のような症状が出る事もあるため、レーザー脱毛は熱くて痛い、と感じる人が多いようです。ですが、脱毛効果が非常に高く、一度に広範囲への施術も可能なため、少ない回数で高い。脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?効果を期待したい場合はレーザー脱毛がお勧めです。

 

次に、「ニードル脱毛」ですが、この方法は100年以上昔から行われている方法のため、他の脱毛方法よりも経験や技術が蓄積されている安心感があります。方法としましては、ごく細い針を毛穴に差し、そこにごく弱い電流や高周波を流し、ムダ毛の生える元である毛乳頭を破壊することでムダ毛を生えなくしています。この方法ですと、ムダ毛の状態に関係なく脱毛でき、しかも脱毛効果が非常に高いのですが一本一本に電流を流すために手間がかかり、しかも痛みを伴います。料金に関しましても、以前よりはかなり安くなったとはいえ、他の脱毛方法に比べると高いのも事実です。
ですので、痛みに強い人や、他の脱毛方法で脱毛しきれずに残ってしまったムダ毛を排除したり、絶対にムダ毛を残したくない場所へ施術する方法として選ぶ方が多いです。最後に「光脱毛」ですが、基本的には黒色に反応する光を当てて毛根の細胞にダメージを与え、毛乳頭の発育を抑えることでムダ毛を少なくする施術方法です。ここで当てる光の種類や、投射する機械の違いなどによってフラッシュ脱毛・エピライト脱毛・ライト脱毛など名称が変わってきます。何かしらの光を当てて、徐々にムダ毛を少なくする方法と明記してあれば大抵の場合は「光脱毛」となります。

 

もし疑問があればお店の方に直接聞いた方が早いかもしれませんね。光脱毛の最大の特徴は、痛みや熱を感じることが少なく、皮膚にダメージを与えにくいことです。そのため、皮膚が弱い方や、脱毛後のお肌の状態を気にする方に人気があります。

 

また、広範囲で短期間に施術を行うことが可能なため、すぐに効果が出ることも人気の理由です。ただし、他の施術方法に比べてやや効果は薄く、何度も通う必要が出てくるため、腰を据えて通う必要があります。
また、黒色に反応する光を使用しているため、ほくろや傷のある箇所には施術することが難しく、また、日焼けした肌や産毛や白髪には効果が出にくい場合もあります。三者三様に長所と短所がありますので、うまく使い分けて脱毛していきたいですね。

脱毛機の種類で効果が違う?そんなことってあるの?