予約前日にお酒を飲んでしまいました

施術前の飲酒は日焼けとともに2大NG行為です!!サロンでもカウンセリングのときに必ず説明を受けると思いますが、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともに施術前の飲酒は禁止されています。

 

基本的にお酒が入った状態で施術を受けることはできません。アルコールを摂取すると体内の血行がよくなり、体温が上昇しますお酒を飲むと顔が赤くなるのもそのためです。その状態で施術すると、肌が敏感な状態になっているため腫れや赤みなどの肌トラブルがおこりやすくなります。

 

また、お酒の利尿作用によって体内の水分が減少してしまうため、かゆみの原因にもなります。特に、次の日の午前中にサロンの予約が入っている場合は必ずお酒は控えてください。もし前日に飲酒してしまった場合は必ずサロンで相談しましょう。

 

予約前日にお酒を飲んでしまいました。場合によっては施術を断られ、キャンセル料金が発生する場合もありますが肌トラブルが起こってしまっては元も子もありません。施術日前日にに合コンや友達と会うなどお酒を飲む予定が入ってしまった場合、事前に予約を取り消しておくと、キャンセル料が発生するのを防ぐことができます。脱毛機器のパワーを弱めて施術することも可能ですが、せっかく脱毛に来たのに前日の飲酒のせいで効果は半減…なんてことになったらもったいないですよね。また、施術後の飲酒も控えてください。

 

同じ理由で、お酒を飲んで血行がよくなると後から肌に赤み。かゆみがでてしまうこともあります。血行が良くなることによってかく汗も肌にとっては良くありません。脱毛は、言ってしまえば肌に強い光を当てて毛根を焼き殺しているようなもの。最近は、技術が進歩して施術時にほとんど痛みを感じないことが多いですが、肌には結構な負担がかかっているんです。
自覚症状がなくても、肌が強い日焼けをしたようなものだと考えてください。施術後の肌は非常に敏感になっています。できるだけ刺激を与えるような行動は避け、化粧水やローションなどで肌をいたわってあげましょう。

予約前日にお酒を飲んでしまいました